レーヌドムートンの材料を選ぶときの基準とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
レーズンクッキー

レーヌドムートンのお菓子は、材料からこだわって作っています。

最初は、食品添加物を使わずにお菓子を作ろうと思っていたのですが、調べていくうちに材料にも興味がわきました。

材料として使いたいと思っていた生クリームやフルーツピューレなどにはすでに食品添加物が入ってるものが多い。

抹茶とかぼちゃの焼きドーナツ

無添加のお菓子を作ろうと思っているのに、材料に食品添加物が入っていることに疑問を持ちました。

1つの食品、1つの材料ごとに見ていくと、1日の食品添加物摂取量は微々たるものかもしれませんが、それが毎日の食事で積み重なっていくとどうなるのだろうか。

そう考えたとき、レーヌドムートンのお菓子は、材料から食品添加物不使用だといいなと思いました。

レーヌドムートンのお菓子は、食の安全にこだわったプロフェッショナルな生産者さんが、丹精込めて育てた材料を主に使っているので、余計な添加物を入れなくても美味しいお菓子を作ることが出来ます。

また、無添加食品しか食べられないというお客様もいらっしゃいます。

生産者さんの想いと、お客さまの想いをどのように形にしたらよいか…。

できることなら、使用する材料のすべてを無添加にするだけでなく、有機認証を受けた国産の材料を使ってお菓子を作りたいです。随時、生産状況の把握もしたいです。

でも、無添加だけでなくすべての材料を有機にすると、例えばパウンドケーキが1カット500~600円になってしまい(もっとするかもしれません)、気軽に買えるお値段ではなくなってしまいます。

そこで、レーヌドムートンの材料を選ぶ基準を作りました。

関係省庁に問い合わせたりHPを確認したり、本や論文を読み続け何か月もかけて基準をつくりました。

食品添加物を使わずにお菓子を作ることを第一に、できることから1つずつやっていくこと。有機の材料に変えたり、新しい材料を探すこと。

お客様に安心してお菓子を召し上がっていただけるように、一生懸命材料を作って下さる生産者さんを支えていけるように、無添加お菓子を作り続けていきたいと思います。

応援クリックお願いします^^

 にほんブログ村 スイーツブログ 焼き菓子へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る