【保存版】今までの食品表示から変更になった8つのポイントをわかりやすくご紹介!第1回(食品表示法)

今日のブログは、先日の原材料の表示方法が変わります。というお話の続きです^^

第1回のブログはコチラ↓

【保存版】原材料の表示方法が変わります(食品表示法)

今までバラバラだった法律が、食品表示法という法律に統合されて変更されたところや、今までは個別の対応だった基準がハッキリしました。

今回は食品衛生法・JAS法・健康増進法から、食品表示法に統合されて変更になった8つの部分をわかりやすくお伝えします^^

 

【ポイント1】生鮮食品と加工食品の区分が統一されました!!

生鮮食品とは、お肉やお魚、生の野菜・フルーツなどを水洗い・カット・冷凍などをしたもの。

加工食品とは、ハム・ソーセージ、チーズ、レトルト食品・スナック菓子など。

今までは、生鮮食品として扱われていた「魚の日干し・まき塩・湯通し処理・調味料などで簡単な味つけ」をした魚や、トマトを乾燥したドライトマトや・セミドライトマト、フルーツを乾燥させたドライフルーツ、乾燥わかめなどの乾物類も加工食品になりました。

 

 

今まで生鮮食品だった食品が、加工食品になったことにより、「アレルゲンの表示」「製造所在地」の明記が必要になりました。

どこで作っているのかがわかるので、より安心して選べるようになったり、「卵アレルギーだけど大丈夫かな?」など、アレルギーの人も表示を見ることで安心して選べるようになりました!

 

【ポイント2】原材料と添加物の表示方法の変更

今までの原材料の表示は、食材と食品添加物がいっしょくたに、一番重いものから順番に書いてありました。こんな感じですね^^

 

平成32年3月31日までに、すべての加工食品が以下のような書き方に変わります。

先日スーパーでいろいろな食品を見たら、いくつかの大手メーカーさんが旧表示から新表示に変わっていました。

新表示は、食材と食品添加物をわかりやすく書くこと・一番重いものから順番に書くようになりました。

食材と食品添加物の間に/ナナメ線を入れるか・・・

改行したり・・・

線を入れたりして、この3つの書き方に変わります。

食材と添加物をわかりやすくするために、この3つの書き方になったそうです!

ただ、食材は食材ごとの重量順、食品添加物は食品添加物の重量順になったので、食材の後に添加物が書いてあっても、実は添加物が食品の中で一番重さがあるかもしれません。

食品1袋あたりの、入っている量は確認しづらくなったかもしれません。

 

続きは第2回でご紹介します!

  

関連記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。