お菓子作りとアレルギー

一度発症すると、完治しづらい病気の1つがアレルギー。

馴染み深いのは、花粉症やホコリ・ダニが原因のハウスダストアレルギーでしょうか。

↑スギ花粉くん

 

食物アレルギーは、その人の体が特定の食べ物に対して容量オーバーになったときになりやすいと言われています。

また、食べ物の中のタンパク質に体が反応して症状が出る場合。

育てている時や、カビ・ネズミ・虫から食べ物を守るために収穫後に農薬を使う外国産の食べ物の農薬に反応して症状が出る場合などいろいろな理由で症状がでます。

アレルギーはまだよく分からない部分が多く、研究が進められている分野なので、今後に期待大です!

レーヌドムートンのお菓子は、アレルギー義務表示の特定原材料7品目中で

卵、乳製品、小麦を使っています。

表示が推奨されていて特定原材料に準ずるもの20品目の中で、

オレンジ、カシューナッツ、キウイフルーツ、くるみ、ごま、大豆、バナナ、もも、りんご、ゼラチンを使っています。

 

落花生、そばは厨房への持ち込み禁止と、パティシエ(私)が食べることを禁止しています。

落花生(ピーナッツ)とソバはごく少量でもアレルギー症状が出てしまい、重症化しやすく命に関わるため安全性を第一にレーヌドムートンの工房とお菓子を作るパティシエ(私)は持ち込み禁止・飲食禁止しています。

やっぱり安心安全なお菓子を食べて欲しいので、今後も気をつけていきます!

   

関連記事

本店でレーヌドムートンの無添加お菓子が買えます"

ミンネでレーヌドムートンの無添加お菓子が買えます"

クリーマでレーヌドムートンの無添加お菓子が買えます"
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。