【図解】オーガニックってなあに?

レーヌドムートンのお菓子の材料は、なるべくオーガニックを選ぶようにしています。

同じ製菓材料でも、オーガニックの方が安全かなと思って、新しい食材を選ぶときは、

まずオーガニック食材がないかなぁと探します。

でも、オーガニックなんでしょう?

オーガニックとは、いままでわかりにくかった、減農薬や無農薬、無化学肥料など

色々な表示がされていた農産物に、お客さんが選びやすいよう、有機JASマークが出来ました。

有機=オーガニックです♪

有機JASマークとは

日本では、これまで有機食品について統一の基準が決められていなかったため

様々な方法で生産されたものが「有機」食品として流通していました。

このため、消費者は商品を選ぶときに何を基準に選べばよいか混乱していました。

そこで、平成11年に改正されたJAS法に基づき、有機農産物と有機農産物加工食品のJAS規格が定められ、

そこで示されたルールを守って生産され、有機JASマークが付いた食品にだけ、

「有機」や「オーガニック」と袋や箱に表示できるようにしました。

なお、有機JASマークや「有機」、「オーガニック」の表示をつけるには、

公平な第三者である登録認定機関の認定を受けることが必要です。

農林水産省 有機食品の検査認証制度「有機食品っていいね!」より抜粋

有機食品を担当している農林水産省のホームページから、有機JASマークが作られた経緯を抜き出してみました。

ざっくり説明すると、農家さんが「いいよ!」と伝えてくれても、

お客さんは何がいいのかわからない状況だったので、

厳しい審査基準をクリアした食べ物だよ!と認定してくれる機関ができたんですね^^

有機JASマークは、種まき・植え付け前の2年以上、

野菜や果物、お米を育てている間も、化学合成農薬と化学合成肥料を使わずに

育てて収穫した食べ物につけることができる特別なマークです!

安心安全な食品を選びたいけど、わからないよ~~という人は、

有機JASマークがついている食品を、選択肢の1つにするのをオススメします♪

   

関連記事

本店でレーヌドムートンの無添加お菓子が買えます"

ミンネでレーヌドムートンの無添加お菓子が買えます"

クリーマでレーヌドムートンの無添加お菓子が買えます"
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。