【保存版】安全なフルーツの選ぶ3つのポイント

予想外の3部作になってしまった安全なフルーツの選び方。

いよいよ今日は安全なフルーツの選び方をご紹介。

1と2はこちらからどうぞ↓

カビがはえないフルーツのヒミツ

【保存版】カビがはえないフルーツの危険性

昨日のブログで「皮をきれいに洗って食べれば大丈夫!じゃないんですよーー!!!

果肉にも防カビ剤が浸透しているので、1cmほど剥いた方が安全といわれています。」

とお伝えしましたが、バナナもオレンジも1cm剥いたら

食べるところ無くなっちゃう・・・

じゃあ、どんなフルーツを選んだらいいのでしょうか?

私が実際に選ぶ時に気をつけているでいるポイントを3つ紹介します!

 

1.国産フルーツを選ぼう

外国産のフルーツには、

ワックス=防カビ剤=ポストハーベストが

使われていることが多いので国産フルーツを選びましょう。

国産の食べ物には、「ポストハーベストは使ってはいけない」と法律で

決まっているので、ポストハーベストの点は安心できます。

でも、ワックス=ポストハーベストとしては使っていなくても、

同じ薬を、野菜や果物を育てる時に、農薬として使われています。

 

2.有機JASマークがついたフルーツを選ぼう

いままでわかりにくかった、減農薬や無農薬、無化学肥料など

色々な表示がされていた農産物に、お客さんが選びやすいよう、有機JASマークが出来ました。

有機JASマークとは

日本では、これまで有機食品について統一の基準が決められていなかったため

様々な方法で生産されたものが「有機」食品として流通していました。

このため、消費者は商品を選ぶときに何を基準に選べばよいか混乱していました。

そこで、平成11年に改正されたJAS法に基づき、有機農産物と有機農産物加工食品のJAS規格が定められ、

そこで示されたルールを守って生産され、有機JASマークが付いた食品にだけ、

「有機」や「オーガニック」と袋や箱に表示できるようにしました。

なお、有機JASマークや「有機」、「オーガニック」の表示をつけるには、

公平な第三者である登録認定機関の認定を受けることが必要です。

農林水産省 有機食品の検査認証制度「有機食品っていいね!」より抜粋

有機食品を担当している農林水産省のホームページから、有機JASマークが作られた経緯を抜き出してみました。

ざっくり説明すると、農家さんが「いいよ!」と伝えてくれても、

お客さんは何がいいのかわからない状況だったので、

厳しい審査基準をクリアした食べ物だよ!と認定してくれる機関ができたんですね^^

有機JASマークは、種まき・植え付け前の2年以上、

野菜や果物、お米を育てている間も、化学合成農薬と化学合成肥料を使わずに

育てて収穫した食べ物につけることができる特別なマークです!

今は化学的な農薬を使わず、肥料も使わない自然栽培という育て方も注目され始めました。

育て方の違いは、また今度書きたいなと思います(^ワ^)

 

3.買う時は、表示をよく見よう!

食べ物を売るとき、特に有機JASマークがついている食べ物を売るときには色々な法律のもと、お店で販売されています。

大袋から小袋に入れ替えて売るときに、認定機関からの認証が無いと、有機JASマークがつけられません。

有機JASマークの認証を受けるときは、膨大な資料の作成とお金が必要になるので、どこでも誰でも今からすぐ!できるものではありません。

もっと有機JASマークのついた食べ物が近くのスーパーで買えるようになると嬉しいですよね(^ワ^)

 

フルーツを選ぶときは、

袋に有機JASマークがついているか、

近くのお店に売っていない場合は○○県産(国産)と書いてあるか、

外国産のフルーツを買う時は「OPP・TBZ・イマザリル使用」と書いていないかを確認しましょう!

 

ただ、日本に輸入されている外国産のフルーツの90%にワックス=ポストハーベストが使われているそうなので、買う前に考えていただけたらなぁと思います。

いっぱい書いてしまいましたが、あなたとあなたの大切な人を守るために知ってほしいなと思って書きました。

「国産や有機のを買いたいけど、でもやっぱり外国産フルーツしか買えないよ・・・」という人もいらっしゃると思います。

 

外国産フルーツを食べる時は、食べる前に皮を15分しっかり洗って、

柑橘類などの皮に油分がある果物は、アルミホイルをクシャクシャにしたのや、たわしでゴシゴシ洗ってください!

野菜用洗剤や、ホタテの貝殻パウダーのアク取り剤を使うのも効果的ですよ!!

皮についている油分から、全部じゃないけどワックス=ポストハーベストが出るので、しっかりゴシゴシ洗ってくださいね~~

何かわからないことがあれば、気軽に聞いてください^^

 

 

関連記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。