【保存版】そもそも食品添加物ってなに?

「食品添加物って、なんだか体に悪そうなイメージ・・・」

「食品添加物の害なんて、都市伝説でしょ!?」

「カタカナで書いてあるのは、全部だめ!!!」

「国が認めているんだから、危険なはずはない!!!」

インターネットが誰でも使えるようになって、

色々な情報がすぐに手に入るようになりました。

食品添加物について、今さまざまな情報を知ることができるようになりましたが、

情報は玉石混合。

 

あっちでは良いって書いてあったけど、こっちでは危険っていわれててよくわかんない。。。

いったいどれが本当?

 

こんにちは!

本当においしいものは、ピュアなもの

食の安全にこだわる生産者さんと、お客様をつなげる

無添加お菓子の専門店Laine de moutonです。

 

今日は食品添加物のメリット・デメリットをお伝えしようと思ったのですが、

そもそも食品添加物ってなに??というのを先にお伝えしたいな、と思います。

 

 

食品添加物は、ご飯やお菓子、パンなどの食品を作るときに、

 

きれいな色やツヤ、いい香りを足して、

よりおいしく食べられるようにする時、

 

お惣菜やお菓子、缶詰食品などを作るときに、

調理を簡単にするために使うものです。

 

食品に添加するもの=食品添加物です。

 

食品添加物は、私たちの暮らしを豊かにしてくれるものです。

 

食品添加物を使うことで、食中毒の発生を防いだり、保存期間を延ばせたり。

時間がたっても、できたてと変わらないもちもち感や、

きれいな色、しっとりとした食品はおいしいですよね♪

 

現代の忙しい人たちには、食品添加物が入っている食品は、

とても便利でありがたいものです。

しかし、いい作用をもたらしてくれる反面、食品添加物には困った作用もあるのです。

つづきは明日のブログで書きますね^^

続きはコチラ→食品添加物のメリット・デメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本店でレーヌドムートンの無添加お菓子が買えます"

ミンネでレーヌドムートンの無添加お菓子が買えます"

クリーマでレーヌドムートンの無添加お菓子が買えます"
ページ上部へ戻る