細部までこだわる理由は、お客様のお役に立ちたいから

ラッピングで気を付けているのは、「ラッピングは、お客様の気持ちを代弁している」ということを肝に銘じて包むことです。

ただ、きれいな紙で包んで、シールを貼ればいいんじゃなくて、お客様の用途を伺って、用途に合わせて最適な包装をするのがラッピングコーディネーターの役割だと考えているからです。

こういうちょっとしたはみ出しも、テープを貼ってしまえばわからないかもしれません。

包装を依頼するのは、「あなたのことを大切に思っていますよ」という意思表示の現れ。

ですので、その思いがきちんと伝わるようにこういう細部も丁寧にします。

こちらの方が、見栄えも良いですし丁寧さも伝わりますよね。
カドがピシッとなるように包めました。ハコに対してどういう風に包装紙を当てるか、どれくらい余分な紙をカットするのか。その判断基準は、「どちらの方が、より美しく仕上がるか。どちらの方が、お客様のためか。」この2つの基準でカット位置を決めたり、リボンや熨斗を選んでいます。

ラッピングは、お客様の想いをうつすもの。

ただ、綺麗なラッピングじゃなく、お客様と贈る相手のことを考えて包装させていただきます。

応援クリックお願いします^^

 にほんブログ村 スイーツブログ 焼き菓子へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本店でレーヌドムートンの無添加お菓子が買えます"

ミンネでレーヌドムートンの無添加お菓子が買えます"

クリーマでレーヌドムートンの無添加お菓子が買えます"
ページ上部へ戻る